青色申告


不動産所得の確定申告には、”青色申告”ど白色申告”とがあります。白色申告はいわゆる普通の申告ですO青色申告は、一般よりも高い水準の帳簿付けをし、その帳簿に基づいて正しい申告をする人について、”税務上優遇しましょう”というものです。青色申告をするには、その年の1月16日以後新たに事業を開始した場合には「開業の日から2ヵ月以内」に、それ以外の場合には「その年の3月15日」までに申請をして、税務署長の承認を受けなければなりません。

ビジネス

青色申告をした場合には、次のような税務上のメリットがあります。

(1)青色申告特別控除青色申告者については、次の金額を所得の金額から控除することができます。

(2)青色事業専従者給与事業的規模で不動産賃貸をしている青色申告者が、その事業に従事する一定の要件を満たす生計を一にする配偶者その他の親族(「青色事業専従者」といいます)に給料を支払う場合には、必要経費とすることができます。青色事業専従者とは、次の要件のいずれにも該当する人をいいます。

青色事業専従者給与を必要経費に計上するには、「青色事業専従者給与に関する届出書」に青色事業専従者の氏名、職務の内容、給与の金額、支給時期などを記載して税務署に提出することが必要です。この届出書に記載した方法により、記載金額の範囲内で支払わないといけません。

届出の提出期限は「青色申告」の届出と同じです。なお、白色申告の場合でも、「事業専従者控除」として、所得金額に応じて配偶者であれば最商86万円、配偶者以外の親族であれば最高50万円の控除が受けられます。
※青色事業専従者や白色申告者の事業専従者である人は、控除対象配偶者や扶養親族になれません

純損失の繰越控除不動産所得の計算上生じた損失の金額のうち、損益通算してもなお控除しきれない部分の金額(「純損失」といいます)がある場合、青色申告者であれば、その純損失の全額を翌年以降3年間繰り越して控除することができます。白色申告者でも、変動所得・被災事業用資産の損失に限っては繰越控除することができます。
※損失が生じた年分からその後連続して期限内に確定申告書を提出しなけれぱなりません

上記のほか、30万円未満の少額減価償却資産の取得時必要経費算入、各種特別償却、引当金の計上、家事関連費の必要経費算入などのメリットがあります。きちんと複式簿記で帳簿を付けて青色申告しましょう!!

所得税の計算不動産所得は、総合課税となりますので、他の所得と合計して累進税率により計算します。届出書や申請書を、必要に応じて税務署に提出してください。住民税個人がその市町村の”住民である”ということに対して課税される「都道府県民税」と「市町村民税」を合わせて「個人住民税」といいます。個人住民税は5種類からなります。

5種類の個人住民税のうち、利子割・配当割・株式等譲渡所得割については、支払いを受ける際に源泉徴収されていますので、そこで課税関係が完結しています。残りの所得割・均等割は、給与所得者については、6月から翌年5月までの毎月の給料から天引きされます(特別徴収)。その他の人については、市町村から送付される納税通知書で年4回に分けて納めます(普通徴収)。

飛んでいくお金

東京23区の場合は、6月、8月、10月、翌年1月となっています。給与から天引きされる、または自分で納める個人住民税は、所得割がほとんどの部分を占めています。所得割は前年の所得金額に応じて課税されるものですので、所得税とは課税されるタイミングが違います。例えば、「前年は働いていてけっこうな収入があったけれども、今年は働いていない」といった場合には、今年は全く収入がないにもかかわらず、高額な住民税を支払わなければいけないことになるわけです。


足立区での生活を考えている方はぜひ梅島エリアの賃貸情報について調べてみましょう!
駅から少し離れたところは閑静な住宅街で広がっているので,住みやすいです。家賃相場も1Rで5,5万円と都内では比較的安めなので,賃貸物件を探している人には梅島はおすすめのエリアなんです。

東京都の物件で生活しようと思い,色々賃貸物件について調べていた時期がありました。
しかしなかなか良い物件が見つけることができなくて,少し困っていたのですが,ハウスバンクという不動産会社で,物件を探してみますとお得な物件情報がハウスバンクには揃っていました。
今でも私は,このハウスバンクでみつけた物件で生活を送っています。
もし足立区で引っ越しを考えている方がいましたら、ぜひハウスバンクで探しましょう!

新宿区はお子さんのいるご家庭も暮らしやすい街として知られています。
それは治安がよくて,閑静な住宅地である事から子育てがしやすい環境が整っていると言えるでしょう。
また,交通面も良くて新宿まで一本で通っているため、他のエリアへのアクセス時も便利です。ぜひマイホーム,新宿区に新築一戸建てを考えてみて下さい。
新築一戸建てなら,今よりも住みやすい環境が整っています!

コメントは受け付けていません。